田中一馬ブログ

神戸ビーフのサーロイン1kgでローストビーフ作りました

お正月なんで神戸ビーフのサーロインでローストビーフを作りました。

誰でも簡単に美味しいローストビーフが作れるレシピ。是非動画も見て欲しいな。

ローストビーフと言えば基本的にはモモ肉。

でもね、牛肉で一番美味しいサーロインだからこそ美味いローストビーフが出来るのだと思う。

なーんてね笑。これは半分正解で半分は不正解。

実は脂身の多い肉でのローストビーフって合わない。肉の味がしっかりして、適度にサシが入り、スジのあまり噛まないモモ肉がやっぱりローストビーフの王道だと僕は思う。

ただ、「美味しいサーロイン」であれば別なのだ。

霜降りが多いだけの味のない肉ではなく、脂と赤身両方に甘みのあるサーロイン。こんなお肉であればステーキでもすき焼きでもローストビーフであっても美味しく食べることができる。

美味しいお肉だからこそ塩だけで食べてほしいって気持ちもある。でもやっぱりそれって食べれば食べるほど単調なんだよね。良い肉ほどいろんな食べ方を模索して欲しい。勇気がいるけどその分の感動と経験が美味しさには加算されると思うんだよな。

 

何はともあれ、神戸ビーフのサーロインで作ったローストビーフ。最高に美味かったです!!

このローストビーフレシピを発案したのは北海道の電気屋さんで友人の田中忍さん。

フライパンで作る簡単激うまローストビーフ(ソース付き)については是非こちらからもチェックして下さいね!!

簡単!!激ウマローストビーフの作り方!!!

さあ、明日も食べよっと。

2日目のローストビーフは美味いんだ。

料理って素敵。

よかったらシェアしてくださいね~

書いている人

しゃべらないけど発信はマメ 田中一馬(カズマ)

1978年生まれ。兵庫県三田市出身。田中畜産代表。
小さい頃から動物が大好きで北海道酪農学園大学へ入学。在学中に畜産の魅力に目覚め、大学院を休学して2年間畜産農家で住み込みの研修に入る。
2002年に独立して田中畜産を設立。但馬牛の子牛生産をメインに、牛の蹄を切る削蹄師として全国の牛の蹄をサポートをしている。
2008年に精肉部門を立ち上げ、自家産の但馬牛で放牧牛肉の生産と販売に挑戦中。
好きなものはカメラ、カレー、コーヒー、純米酒。

TOP