田中一馬ブログ

ホルモンもお肉もオススメ!!大正区の「焼肉たつみ」に行ってきたよ!!

大阪に行ってきました

うしおととらから始まりからくりサーカス月光条例双亡亭壊すべしと30年第一線で活躍する藤田和日郎先生

過去1万冊以上の漫画を読んできた僕が一番影響を受けたのが藤田先生でファン歴27年にして念願の原画展に行けたって話は思い入れが強すぎて書ける気がしません!!笑

今日は原画展の後に行った焼肉たつみのお話です

焼肉たつみ初訪問!!

僕は出張するときはほぼ必ず牛肉を食べに行くようにしている

勉強したいって気持ちもあるけど何より肉が好き
特に焼肉が好きだ

今回は大阪ということもありホルモンをメインに美味しい肉も食べられるお店をリサーチ

色々な候補の中から大正区の焼肉たつみに行くことに決めた

久々の大阪泊一緒にいた友人たちが焼肉食べに行こうという中でも別のところ行きたいから。。一人で違う焼肉屋に行けるくらい僕は肉に関してはこだわりがある

ってごめんなさい
協調性ないだけです

さあさあ食べるぞっっ!!!

少し緊張しながら扉を開けると肉を切る店主といきなり目が合った

心なしか驚いた顔をしている

あれ?なんか空気微妙。。。」

少し不安になりながらも軽く会釈して入ろうとすると

田中さんーー!!と声をかけられた

なんと10年前にお会いしたことがあったのだ
マジかーーーーーーーーーーーーー!!!

そんなことってあるのかよ!!笑

twitterではずっと繋がってたんだけどね

K奮がおさまらないまま暖簾をくぐる

縦に長い店内は手前にカウンター奥にはテーブル席
各席にガスのロースターが用意されていた

煙はガンガン
まさに昭和の焼肉屋だ

生ビールを頼み早速お薦めを聞く
今週はホルモンの入りが悪いとのことで肉を勧められた

一見リーズブナルな昭和な焼肉屋さんだがたつみは肉へのこだわりも強い

田村牛や岡崎牛など東京の有名どころでもお馴染みの生産者の肉が普通に出てくるのだ

左から田村牛のクリとミスジそしてキモグレンス

もちろん肉だけではなくホルモンも美味い

今週は入りが悪いんで。。と言いながらも出されるホルモンには臭みが全くない

新鮮で下処理が丁寧なのだと思う

種類も豊富だ

昭和感満載のメニューに期待値が上がる

今回初めて食べたキモグレンス

レバーの横についているリンパ節で牛のフォアグラとも言われている珍しいホルモン(ググりました笑
脂みたいなんだけど独特の旨味と甘味がある
これはご飯と一緒に食べたい。。。

定番の生センに

ハツ刺しはわさび醤油で

これは、、、わかるかな〜?レバーじゃないよ

正解は脾臓

大阪ではチレって呼んでたけど僕らの屠場ではタチギモって呼んでいる
下処理する前ははオオサンショウウオの尻尾みたいで皮をむくとこんなにも濃い赤色の身が姿をあらわすんです
味はレバーに近くちょっとクセがありねっとりとしてる

僕は好きな味だな

それにしてもどれもこれもホルモンに臭みがない

マメ腎臓もあるよ

タチギモやマメなんて使わない肉屋さんの方が多いんだけどね
このお店では食べることができる
 

とにかく全ての下処理が丁寧なんだと思った

それは絶対味に出る

ミノの明太子和えマジ美味かった。。

肉とホルモンを順番に食べいい感じになってきたところで店主がぜひこの田村牛と一緒に合わせてもらいたくて。」日本酒とお肉を持ってきてくれた

田村牛の地元鳥取のお酒日置桜

田村牛のクリと日置桜

いや〜ありがとうございます!!実は来週田村さんのところに削蹄で伺うんですよー。」

なんて話をしながらどんどんと牛談義に花が咲く

いやこの店主マジ熱い

肉や牛に対する思いがめちゃくちゃ熱い

豪快で気さくだけど真摯

そんな人柄がお店やホルモンに出るんだなって話ながらずっと感じてた

実はこのお酒スタッフの方がご友人から送ってもらったものだったんだけどなんとそのご友人の実家が僕が削蹄師として最初に入った牧場だったんだよね

なんやそれーーーーーー!!

震えたーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!笑

早速その牧場に連絡とって報告したり
最初から最後まで縁を感じる時間だった

こういう出会いってほんと宝だと思う

現場でのプロとしての仕事そして日々のSNSでの発信が初めて入った焼肉屋さんとの関係を深めてくれた

一緒に面白いことできたらいいな
そんな思いが膨らむのはすでに関係性ができているからかもしれない

もちろん関係性抜きにしてもお勧めしたいお店

だって美味しいから

1週間後にまた来ちゃったくらいだもの笑

こういう出会いのために僕は発信しているのかもな

そしてそう思ってもらえるような牛飼いでありたい

また行きます!!!

 

 

焼肉たつみのHPはこちら

よかったらシェアしてくださいね~

書いている人

しゃべらないけど発信はマメ 田中一馬(カズマ)

1978年生まれ。兵庫県三田市出身。田中畜産代表。
小さい頃から動物が大好きで北海道酪農学園大学へ入学。在学中に畜産の魅力に目覚め、大学院を休学して2年間畜産農家で住み込みの研修に入る。
2002年に独立して田中畜産を設立。但馬牛の子牛生産をメインに、牛の蹄を切る削蹄師として全国の牛の蹄をサポートをしている。
2008年に精肉部門を立ち上げ、自家産の但馬牛で放牧牛肉の生産と販売に挑戦中。
好きなものはカメラ、カレー、コーヒー、純米酒。

TOP