田中一馬ブログ

久丸福の格付けをしてもらいました!

久丸福を屠畜した翌日、枝肉の格付けをしていただきました。

「A-5ランクのお肉です!!」とかありますよね。あれですあれ。

格付けとはその牛がどれだけお肉が取れるのか、霜降りがどのくらい入ってるのか、肉の色はどうなのかなど、「肉屋さんが市場で肉を購買するために」一つの指標とする数値。

正直枝肉市場に出さない久丸福に格付けの必要はありません。

ただ、客観的に自分のしてきたことを見るために、毎回格付けはしてもらうことにしています。

と、言うことで、久丸福の格付けはこちらっ!!

枝肉重量427.2kg。BMS8。

普通だったらBMS8だとA5なんだけどね。肉色が濃いためA4-8。40カ月飼ってたので仕方ない。というか、色はむしろこれでいいのだ。お父さんが丸福土井だしね。8点も上出来です。

張りのある良い枝肉だと思う。
生前の牛の姿が浮かんでくる枝だ。

  

難を言えばかぶり(僧帽筋)のしこり。子牛の頃に肺炎でずっと治療してたからこれは仕方がない。
生きてここまで仕上がってくれたこと。それに感謝しかない。

僕の中では文句のつけようがない枝肉。
牛が能力を出し切ってくれた過去最高の枝肉です。

今からこの牛を届けられるのが楽しみです。

よかったらシェアしてくださいね~

書いている人

しゃべらないけど発信はマメ 田中一馬(カズマ)

1978年生まれ。兵庫県三田市出身。田中畜産代表。
小さい頃から動物が大好きで北海道酪農学園大学へ入学。在学中に畜産の魅力に目覚め、大学院を休学して2年間畜産農家で住み込みの研修に入る。
2002年に独立して田中畜産を設立。但馬牛の子牛生産をメインに、牛の蹄を切る削蹄師として全国の牛の蹄をサポートをしている。
2008年に精肉部門を立ち上げ、自家産の但馬牛で放牧牛肉の生産と販売に挑戦中。
好きなものはカメラ、カレー、コーヒー、純米酒。

TOP