田中一馬ブログ

コテングコウモリの冬眠

兵庫県美方郡香美町

矢田川の支流である楠見谷川は我が家から5分の格好の遊び場だ

県道香住村岡線から徒歩1分

知らないだけでこんな環境は日本中にある

4月上旬は少しずつ虫や小動物たちも動き出し山が賑やかになってくる時期だ

しかしまだまだ気温は低く日陰には雪が残ることもある

生き物の姿を見るのはもう少し先

コテングコウモリの冬眠

そんな中立ち枯れした木の皮の下に蜘蛛の巣のようなものを娘が見つけた

これ何かわかるかな?

最初は虫の卵かと思った

一見キウイフルーツのような塊

ピクリとも動かず最初は虫の卵かと思ったがじっと見てると少しずつ動き出した

よく見ると耳がある

翼も見える

全長5cmほどのコテングコウモリだ

コテングコウモリは雪の中で冬眠することで有名だがまだその冬眠場所は謎が多いんだって

思わぬ出会いでした

 

起こしてごめんね

さあ春が来るよー

よかったらシェアしてくださいね~

書いている人

しゃべらないけど発信はマメ 田中一馬(カズマ)

1978年生まれ。兵庫県三田市出身。田中畜産代表。
小さい頃から動物が大好きで北海道酪農学園大学へ入学。在学中に畜産の魅力に目覚め、大学院を休学して2年間畜産農家で住み込みの研修に入る。
2002年に独立して田中畜産を設立。但馬牛の子牛生産をメインに、牛の蹄を切る削蹄師として全国の牛の蹄をサポートをしている。
2008年に精肉部門を立ち上げ、自家産の但馬牛で放牧牛肉の生産と販売に挑戦中。
好きなものはカメラ、カレー、コーヒー、純米酒。

TOP