田中一馬ブログ

令和最初の子牛市場も総平均は100万越え〜但馬家畜市場5月子牛市〜

5月8日は但馬家畜市場5月子牛市

令和最初の子牛市場でした

我が家からは4頭の出荷
去勢1頭メス3頭

今月はこの一年で一番自信の無い市場でした

牛の発育はバラバラ血統は最悪

改良と販売は本来なら両輪のはずだけど現実は噛み合わない
遺伝的多様性と経済性は短期で見れば矛盾している。。。

って僕がつける種を決めたんだけどね!!笑

2019年5月市市況

雌 114頭 最高1,707,480円 最低642,600円 平均974,198円 前年同期比119,927円高 先月比51,634円高

去勢 162頭 最高1,405,080円 最低575,640円 平均1,028,613円 前年同期比37,079円高 先月比15,704円安

総平均1,006,137円

先月から上げてきました再び総平均が100万円を超えた

セリ開始1頭目から158万円127万円って。。。牛も良かったけどハンパない

ちなみに平成30年度の黒毛和種子牛価格は全国平均で766,000円平成30年度の兵庫県の子牛平均は1,048,000円

比べるといかに但馬牛の子牛価格が高いのかが分かると思います

https://twitter.com/tanatiku/status/1125991487865384960

今回は自信がないと言いながらも市場相場に上げられ全ての子牛が高値で取引されていきました

売れてからが評価

追える範囲で最後までどの牛も見届けたいって思います

よかったらシェアしてくださいね~

書いている人

しゃべらないけど発信はマメ 田中一馬(カズマ)

1978年生まれ。兵庫県三田市出身。田中畜産代表。
小さい頃から動物が大好きで北海道酪農学園大学へ入学。在学中に畜産の魅力に目覚め、大学院を休学して2年間畜産農家で住み込みの研修に入る。
2002年に独立して田中畜産を設立。但馬牛の子牛生産をメインに、牛の蹄を切る削蹄師として全国の牛の蹄をサポートをしている。
2008年に精肉部門を立ち上げ、自家産の但馬牛で放牧牛肉の生産と販売に挑戦中。
好きなものはカメラ、カレー、コーヒー、純米酒。

TOP