田中一馬ブログ

タナカレー販売とタナカレー料理教室のお知らせ

みなさんカレーは大好きですか?

言わずもがなBLAKESGHEEのビーフ

こんにちはカレー大好きな田中一馬です

よくいますよね毎日カレーでも良いって人

まさにそんなカレー系な僕ですが実はルーカレーはあまり好きじゃ無い
圧倒的にスパイスカレー派の僕です

って僕がカレー好きな話はどうでも良いですね笑

 

|シノズキッチンのスパイスカレー

僕の友人にもカレー好きな人がいます

料理とカレーが大好きで調合したカレースパイスだけではなく4冊のレシピ本まで販売している北海道の電気屋の奥さん

このスープカレーがまた病みつきになるくらい美味しい

はいこの方

田中忍さん

女優なのか。。。

この忍さんのカレースパイスが好きすぎて1年以上前から我が家のお肉用のスパイス作っってもらいたいねって妻と話していました

そして意を決して相談してみると。。。

なんと既にビーフカレー用に向けて試行錯誤されてたという!!

そしてまんま同じこと考えてました笑

そこからスタートしたのがタナカレー

タナカレー販売のお知らせ

タナカレーは田中畜産の放牧敬産牛肉✖️シノズキッチンのカレースパイスのセットです

簡単にいうと

カレールウを使わない本格スパイシービーフカレーが自宅で簡単に作れるお肉とスパイスのセット

です(長いな

タナカレー

カレーセットのお肉はバラとネックがメイン

過去に買っていただいた方はご存知だと思いますがかなりお肉の味に力があるのでしっかり煮込んでも大丈夫いつまでも主張する肉の濃さがウリです

もちろんスパイスは美味しい
ただ今までのシノズスパイスのようなさらりとした感じでは無く肉に合わせてコクもあり主張しつつも調和する絶妙なバランスって感じ

贔屓目は絶対あるけどね
贔屓目無く一人のカレー好きとしても美味いと思う

 

そして肉の味にもスパイスの風味にも負けないくらい主張するのが肉の硬さです

そこそこ気になるくらい硬いっす笑

圧力鍋持ってるなら圧力鍋を使ってほしい

そんなレベル

もちろんコトコト煮込んでも良いんですけどね
時短も大切だから

という事で圧力鍋のセット販売もします笑

 

そんなタナカレーの販売は

3月17日13:00〜
下記をクリック頂くとサイトに飛びます販売日までは鍵がかかっています。)

田中畜産オンラインショップ

1セット4人前
価格は2,000円お肉&スパイス)。

 

繰り返しになるけどスパイスは過去の忍さんのスープカレーや和風カレーとは別物

うちの牛肉に合わせて一から試行錯誤してもらいました

シノズさんのブログも是非読んでほしい

#タナカレー 計画密かに進行中

2月になり更新したコーナーやタナカレーのことなど

タナカレー完成に不可欠だったあるいちにちの話1700㎞離れた所に住む友人と過ごした19時間

タナカレーにまつわるあれやこれやの進捗状況

こちらも必読!!

パナソニックの電気圧力鍋はタナカレー作り以外にも使い道は無限大

パナソニックの電気圧力鍋で作る牛スネ肉の煮物が恐ろしく簡単かつ美味しいので激しくおすすめします!

情報多ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!

タナカレー料理教室のご案内

実はカレースパイスを作ってくれた田中忍さんは全国でシノズキッチンという料理教室も開いています
電気屋の奥さんです。)

なんと今回のタナカレーの販売に合わせ1,700km離れた美幌町からお越しいただきカレー料理教室を開いていただくことになりました

カレー教室はタナカレーの販売の前日

3/1614:00〜

会場:香住文化会館香住駅からは送迎いたします。)

参加費:大人3000円子供小学生以上1,000円

 
<こんな人に来てほしい>
・カレーが大好きな人
・毎日カレーでもいいと思っている人
・誰よりも早くタナカレーを食べたい人
・辛めのカレーが好きな人
・たなちくのお肉を愛している人
・たなちくのお肉が食べたいけどまだ買えずにいた人
・タナカさんたちに会いたい人
・シノズキッチンに参加したいけど遠すぎて無理だと思っていた人
・スパイス好きな人
・シノズに会いたい人 etc…
 
我が家からは子供連れで参加
小規模でも家族でワイワイ楽しい料理教室になればいいなって思ってます
もちろんお一人様でもカップルでも団体様でも大丈夫!!
 
お申し込みは cow@tanatiku.com
もしくは僕か妻か忍さんのFacebooktwitterInstagramのメッセンジャーorDMにお願いしますね
 
ちなみに会場は東京から7時間大阪神戸から3時間美幌町から1日と1時間となっております

まじ遠くてビックリです!!!

みんなでカレー食べて遊ぼうねー

よかったらシェアしてくださいね~

書いている人

しゃべらないけど発信はマメ 田中一馬(カズマ)

1978年生まれ。兵庫県三田市出身。田中畜産代表。
小さい頃から動物が大好きで北海道酪農学園大学へ入学。在学中に畜産の魅力に目覚め、大学院を休学して2年間畜産農家で住み込みの研修に入る。
2002年に独立して田中畜産を設立。但馬牛の子牛生産をメインに、牛の蹄を切る削蹄師として全国の牛の蹄をサポートをしている。
2008年に精肉部門を立ち上げ、自家産の但馬牛で放牧牛肉の生産と販売に挑戦中。
好きなものはカメラ、カレー、コーヒー、純米酒。

TOP