あつみブログ

私が小さい頃からずっと好きで、今の牛飼いの仕事にも繋がっているもの〜馬編〜

一度会ったことは忘れないものさ。
思い出せないだけで。
(by銭婆)

1535

 

宮崎駿監督の「千と千尋の神隠し」に登場する銭婆のセリフとかけて、昨日のブログを書きました。

小さい頃に見た牛さん、但馬牛の記憶、ふとした時に思い出してもらえたらな〜と。

 

ところで、私は小さい頃からのジブリファンで、ビデオが擦り切れるくらいずっと見てきました。
ですが、大人になってから改めて見ると、感じ方がだいぶ変わっていて、それも楽しいですね。

冒頭の「千と千尋の神隠し」も、子供の頃に見た時は全然泣きませんでしたが、今見たら泣いちゃいますね。

特に、ハクが名前を取り戻したあたりね。

1536

私の名は、右速水琥珀水だ。

 

ちなみに、私の中のジブ映画ベスト5は

①もののけ姫
②天空の城ラピュタ
③風の谷のナウシカ
④となりのトトロ
⑤魔女の宅急便

ですかね。うーん迷いますね〜。

 

 

というのはどうでも良かったですね!

こんばんは!
兵庫県の但馬牛繁殖農家の田中畜産あつみです。

 

昨日のブログも受けて、私が小さい頃から好きで、今の仕事にも繋がっているんじゃないかな?
きっかけになってるんじゃないかな?
と思うものを取り上げたいと思います(^^)

 

 

小さい頃から好きで、牛飼いにも繋がっているもの〜馬編〜

 

今の仕事にも繋がっていて、私が小さい頃から好きだったもの。
それは・・・・・・

 

馬と筋肉(マッチョ)です!!!!!

 

・・・・・・・・・・・・。

はい。

昔からなんか・・スタンダードなものを好きにならないB型の私です。

とりあえず今日は馬のお話をさせてください。

 

中学生くらいの時に読んだジェイムズヘリオットの本がきっかけで、犬や猫などの伴侶動物から、馬や牛さんのような大動物に興味を持つようになったのと同じ頃。

確か競馬のCMか何かをテレビで見たのかな?
そこに映る馬の姿がとても綺麗で、一瞬で虜になってしまいました。

 

なんと言えば良いのでしょう?

 

走るのに特化された姿であったり、筋肉の感じであったり、走っている時はすごく優雅に走っているし。

 

この子たちは完璧な存在だ。

 

と直感的にそう思った。
上手に言えないのですが、それくらい馬が大好きになりました。
学校の教科書でも「馬」という単語が出ると、一人ニヤっとして意味もなく蛍光ペンで線を引いてました。

はい。根はオタクなんです。

 

そんで、実家の家族は、お隣岩手県がみんな好きで、近かったこともあり度々遊びに連れて行ってもらいました。
その工程の中に、岩手県内でも大型の観光牧場「小岩井農場」も毎回入れてもらい、乳牛を見たり、引き馬体験をさせてもらいました。

 

1527

これは小学校6年生の時かな?
雨でしたが牛さんを見に行きました。

 

1528

1529

1530

これは次の年。
この時は晴れて引き馬体験も出来ました!!

 

その時までは引き馬(馬をロープで引くおじさんが横にいて、コースを一周させてくれる)まで。
本格的な「乗馬体験」をしたのはそのあと。
私の高校受験が終わり、志望校合格が決まった後です。

 

私は推薦入試で入ったものの、双子の妹は普通の試験を受けなくてはいけない状況でした。

なので、わーっとお祝いしようという雰囲気でもなく^^;

それを不憫に思った母が、私の大好きな馬、それも本格的な乗馬体験に連れて行ってくれたのです。

母娘二人。道中すごくワクワクしながら牧場へ向かったのを覚えています。

あ!余談ですが、その後双子の妹も見事志望校に合格でき、みんなでお祝いしましたよ(^^)!
良かったです!

 

いよいよ、憧れの馬に乗る

 

職員のお姉さんに、馬への接し方などを教わった後、ジョッキーブーツなどの装備を整え、いざ!
馬の待つ室内パドックに!

 

main05_06

(当時の写真はなかったので、イメージ画像で)

 

嬉しくてドキドキしすぎて、実はその時のことを鮮明には思い出せないのです。

でも、馬にのると自分の目線がグググっと上がるのですが、宙に浮いているような不安定感はなく、自分の体が地面と繋がっているような、ものすごい安定感があったのは今でも覚えています。

それから軽く馬に指示を出して歩いてみたり、最後にはちょっぴり早足にもなれたかな?
で、最後にお姉さんが

 

「終わった後は、馬に触れながら褒めてあげてください。褒められたらこの子も嬉しいから。」

 

と仰っていたのも印象に残りました。

 

家畜にも感情があるんだよね。
お姉さんの一言で、家畜にも感情があるんだよね、と再認識できました。

 

それ以来、乗馬は全くしていませんが、今でも、馬に乗った時のあの安定感はずーーーーーっと覚えています。
いつもよりも高いところに自分が座るのに、安定感があるんですよ。
不思議ですね〜。

兵庫県内にも乗馬体験できる施設がいくつかあるので、いつか行けたら良いな(^^)

 

おまけ。主人と出会った時にもらった名刺

 

主人と初めて会った時。
もちろん初めて会ったので、特になんとも思っていなかったのですが、もらった名刺に書かれていた名前が

 

1534

「一馬」

 

馬が付いていたので、そこだけは一人ニヤっとしました(笑)

そのあたりのお話もそのうち出来たら良いなと思います(^^)

よかったらシェアしてくださいね~

書いている人

牛飼いの嫁 田中あつみ(モー子)

1987年生まれ。宮城県登米市出身。
田中畜産の牛飼い&精肉担当。小さい頃から馬や牛といった大動物が好きで、岩手大学農業別科へ入学。勉強しながら岩手の牧場でアルバイトに励む。
たまたま牧場に視察に来ていた主人と知り合い、結婚することに。2007年兵庫へ移住。牛飼いになってから美味しい牛肉を頂く機会が増えて喜んでいる。
アニメと海とチョコ(Meiji)が大好き。マイペースなB型母ちゃん。

TOP