田中一馬ブログ

タレは料理だ!!オススメ焼肉のタレ紹介

お肉はずっと塩派でした。

肉自体が美味しければ塩胡椒で十分。むしろ何もつけなくていい。「肉に味がないからタレで食べるんだよね」って。ずっとそんな感覚だった。

でも振り返れば3年前に僕はこんなツイートをしていた。

実は塩だけって案外舌が疲れる。ワサビ醤油が合う肉があればタレが合う肉もある。切り方ひとつで合う調味料も変わってくる。大切なのは「素材そのまま」って以上に「美味しい」ってことだ。

たださ、その牛の魅力が引き立つ食べ方をしたいなって、生産者としては強く思うんだよな。だからタレを避けていたのかもしれない。

でも実は逆なんだよね。品種、月齢、性別、飼い方、熟成、部位。牛肉の味は千差万別。だからこそ逆に今「タレ」が面白い。

脂に特徴のある黒毛和種。但馬牛だからこそ合う「タレ」があると思ってる。

ただ、これがなかなか難しいんだよなーーーーーー。

市販のタレも悪くないけどね。肉の味を消しちゃうものが多いのも事実。

家焼き肉を楽しむなら「くにもと」さんのタレ買っとこうぜ!

そんな時に出会ったのが肉バカこと小池克臣さんが主体となって立ち上げた「おうちで和牛」だった。

おうちで和牛とは東京を始め全国の有名焼肉店の肉とタレのセットを販売する取り組み。普段食べられない名店の味を家で楽しむことができる夢の焼き肉セットなのだ。

コロナ禍で大ダメージを受けた和牛業界を応援しようとこの春にスタートした企画なんだよね。

【肉レポ】銀座コバウの焼肉セットと我が家の牛を食べ比べてみました

僕はいつも名店自慢のタレを我が家の肉で試食する。これがとにかく面白い。肉だけ食べると我が家の但馬牛が好みなのにタレで食べるとまた変わる。ナニコレって感じ。

切り方や肉に合わせたその肉を引き出す調理法がタレなのだと思った。

と言うことでいつかはタレを作りたい。マジで作りたい。

でもちょっと時間がかかる。

そんな僕が【今】おすすめしたいタレがある。それが東京「焼肉くにもと」さんのツケダレ、モミダレセットだ。

タレ焼肉の最高峰と言われる「くにもと」。なんとそのタレをおうちで和牛ではこの秋から常時販売しているのだ。。いや、マジで、これは買いっす。

なんていうか但馬牛に合うタレだと思うんだよね。特に脂の強めなロースやバラ。わさび醤油もいいけどタレでも楽しんでほしい。

塩、塩胡椒、醤油、ワサビ醤油、生姜醤油、そして様々な焼肉のタレ。これらはもはや調理法。料理だと言ってもいいと思う。

あんまりブログで他の商品紹介はしないんだけどなー。我が家のお肉を買ってくれる方に「くにもと」さんのタレはオススメだと思ったのでブログにしました。(鶏むねでも美味しかったけどね笑)

お肉の楽しさが広がれば嬉しいな。

販売サイトはこちらから

よかったらシェアしてくださいね~

書いている人

しゃべらないけど発信はマメ 田中一馬(カズマ)

1978年生まれ。兵庫県三田市出身。田中畜産代表。
小さい頃から動物が大好きで北海道酪農学園大学へ入学。在学中に畜産の魅力に目覚め、大学院を休学して2年間畜産農家で住み込みの研修に入る。
2002年に独立して田中畜産を設立。但馬牛の子牛生産をメインに、牛の蹄を切る削蹄師として全国の牛の蹄をサポートをしている。
2008年に精肉部門を立ち上げ、自家産の但馬牛で放牧牛肉の生産と販売に挑戦中。
好きなものはカメラ、カレー、コーヒー、純米酒。

TOP