田中一馬ブログ

闘牛ポスターが来た!!

闘牛ポスターが届きました〜!!

か、かっこいい。。。

雄はやっぱ首周りの筋肉がすごいね。

フェイスブックで沖縄で闘牛、和牛繁殖、闘牛カメラマンをされている久高幸枝さんがこのポスターのことを書いておられ、「こ、これは欲しい!!!」と即お願いして送っていただきました!

実は僕、以前からずっと闘牛に興味があります。

雄牛って気性が荒く、しかも凄く人を見るんですよね。

まだ牛飼いを始める前の研修時代、若種雄牛の調教を毎朝させていただいてたんです。

僕が触るまでにある程度は調教されていたので運動もしやすかったのですが、それでも一度牛になめられてしまった事があり、今まで言う事を聞いていた牛が全く調教出来なくなったという経験があります。

「雄は一回でもなめられたらあかん!」と、僕がその牛を調教させていただく事はその後ありませんでした。

人と牛のコミュニケーションがちゃんと出来ていないと、雄牛の場合は特に命に関わる事故にもつながります。

僕は闘牛の事はよくわからないのですが、ただ手をかけて大人しくするだけではなく、闘争本能も上げながら牛をコントロールするなんてすごいな〜と。

闘牛に憧れがずっとあるんです。

生で闘牛見たいんですよね〜。

でもね、今回このポスターを買った一番大きな理由、それは。。。

蹄が見たかったんです!!!

1トンを超えるような体重を支える蹄ってどんなんだろ?

闘うって事はそれだけ蹄にかかる負担は大きい。

牛が一番力の入る蹄って、どんな角度なんだろか?

牛の大きさと蹄目の長さや角度のバランス。

そんなのが見たくって買いました。

34頭もの闘う雄牛達を一度に見れるこのポスター、やばいね!

興奮するわ〜。

めっちゃ興奮するわ〜。

興奮しすぎてズボン脱げかけているけど、許してね。

***********************************

但馬牛の繁殖から放牧牛肉まで。

田中畜産のHPは『こちら

放牧敬産牛肉「きょうふく」のお肉、第3弾は2月6日AM10:00に販売スタートです!!

田中一馬の個人SNSも毎日更新中!!

よろしければ絡んでくださいね~。

(クリックすればページに飛びます)↓

667-1301

兵庫県美方郡香美町村岡区境464-1

cow@tanatiku.com

田中畜産 代表 田中一馬

************************************

よかったらシェアしてくださいね~

書いている人

しゃべらないけど発信はマメ 田中一馬(カズマ)

1978年生まれ。兵庫県三田市出身。田中畜産代表。
小さい頃から動物が大好きで北海道酪農学園大学へ入学。在学中に畜産の魅力に目覚め、大学院を休学して2年間畜産農家で住み込みの研修に入る。
2002年に独立して田中畜産を設立。但馬牛の子牛生産をメインに、牛の蹄を切る削蹄師として全国の牛の蹄をサポートをしている。
2008年に精肉部門を立ち上げ、自家産の但馬牛で放牧牛肉の生産と販売に挑戦中。
好きなものはカメラ、カレー、コーヒー、純米酒。

TOP