田中一馬ブログ

非農家出身の親父と農家の息子

非農家出身で牛飼いの新規就農。

もう19年も前になる。

人生の半分近く牛だもんね。気がつけば牛が当たり前にいる生活になっていた。

非農家出身なんて肩書は僕の中では今や全く無い。だって出身云々じゃなくて僕自身が農家だもの笑。

でも、どれだけ牛飼いをしてきても「農家の息子」って感覚だけは分からない。

僕が23歳で叶えた夢を生まれた時から経験してる息子。

どんな世界なんだろうね。

それを見るのがちょっと楽しい。

別に後なんて継がなくていいし、やりたければ自分でやればいいのだ。農家の息子だからって型にはめる気もない。

ただそんな息子たちの当たり前が毎日毎日新鮮だって話です。

この牛飼いは僕の人生。一緒に歩いてる妻だって、もちろん子供たちだって、僕とは全く別の人生なのだ。

だからこそ同じ時間を過ごせることが奇跡だし幸せなことだと思う。

牛がいる生活を一緒に楽しんで行きたいな。それが今一番の夢だな。

よかったらシェアしてくださいね~

書いている人

しゃべらないけど発信はマメ 田中一馬(カズマ)

1978年生まれ。兵庫県三田市出身。田中畜産代表。
小さい頃から動物が大好きで北海道酪農学園大学へ入学。在学中に畜産の魅力に目覚め、大学院を休学して2年間畜産農家で住み込みの研修に入る。
2002年に独立して田中畜産を設立。但馬牛の子牛生産をメインに、牛の蹄を切る削蹄師として全国の牛の蹄をサポートをしている。
2008年に精肉部門を立ち上げ、自家産の但馬牛で放牧牛肉の生産と販売に挑戦中。
好きなものはカメラ、カレー、コーヒー、純米酒。

TOP