田中一馬ブログ

衰えも変化だ

1ヶ月前にギックリ腰から復帰した削蹄業。多少のブランクなど関係ないくらいツメキリは僕の身体に染み込んでいる。

って思ったら

ギックリ背中になりました。。。

毎週整体に行き、ストレッチをし、専用のマットレスを買い、筋肉や関節のサプリを飲み、あれこれと身体のメンテナンスはしている。でもそれ以上のスピードで身体は傷む。仕事量は増えても腕は細くなる一方だ。42歳だもんな。不思議と悲壮感はない。

20代前半で牛飼いを始めたときはお金も知識も技術も人脈も経験も何もなかった。でも小学生の自分を振り返ると、比べるまでもなく20歳の僕の方が出来ることは多かったりする。

だからといって当時の僕に万能感などない。そんなもんだ。生きていたら足らずが当たり前。出来ないから模索する。それは42歳になっても一つも変わらない。削蹄で言えば力が衰えたからこそ技術が向上したと言っても良いくらいだ。

そしてそれだって出来なくなる時がくるのだ。削蹄や牛飼いだけじゃなく全てにおいてね。だから模索していく。たぶん一生同じ。足りないから怖くて面白いのだと思う。

何かを得ながら何かを失い続ける。それが変化だよなー。せめて一生、自分の決断は自分のせいにしたい。

さあ、牛飼いしてこよ。

よかったらシェアしてくださいね~

書いている人

しゃべらないけど発信はマメ 田中一馬(カズマ)

1978年生まれ。兵庫県三田市出身。田中畜産代表。
小さい頃から動物が大好きで北海道酪農学園大学へ入学。在学中に畜産の魅力に目覚め、大学院を休学して2年間畜産農家で住み込みの研修に入る。
2002年に独立して田中畜産を設立。但馬牛の子牛生産をメインに、牛の蹄を切る削蹄師として全国の牛の蹄をサポートをしている。
2008年に精肉部門を立ち上げ、自家産の但馬牛で放牧牛肉の生産と販売に挑戦中。
好きなものはカメラ、カレー、コーヒー、純米酒。

TOP