田中一馬ブログ

ラクトアイスって安物なの?

こんにちは。

田中畜産の田中一馬です。

怪我をしてからはパソコン仕事が多い日々ですが、「ちょっと休憩しよう。」って時には甘いものが最高ですよね。

ミルで挽いたコーヒー飲みながら、アイスを食べる。。。至福。。。

あ~なんだよこれ、ラクトアイスやん!!!

な~んて思ってませんか?

ラクトアイス=安物

アイスクリーム=高品質

ってイメージを持つ方、意外と多いと思います。

ラクトアイスって第一原料が砂糖で、植物油脂、乳化剤なんかで作られている。

一方、アイスクリームは牛乳を使っている。

だからアイスクリームの方が本物で、ラクトはまがい物。。。

そんなふうに僕も思っていました。

確かにそういう一面もあります。

でも、アイスクリーム、アイスミルク、ラクトアイスの分類は「牛乳をいかに使っているか」ではないんですね。

単にアイスの中の「乳固形分」や「乳脂肪分」の割合の違いで仕分けしているだけなんです。

アイスクリームは乳固形分15%以上、アイスミスクは10%以上、ラクトアイスは3%以上。

一方で生乳の乳固形分は12%。

アイスクリームって牛乳より乳固形分多いんです。

アイスクリームを買った時に、原材料の最初がクリームで「あれ?生乳じゃないんだ。。。?」って思ったことないですか?

生クリームを入れたり、円心分離で水分を抜いたりすると乳固形分が増えてアイスクリームと表記出来るようになります。

こうすることでコクのあるアイスクリームができます。

僕も大好きです。

だけど、アイスクリームだって色々。

クリーム入れすぎてただ甘いだけのものや、乳化剤が入っているものもあります。

それが良い悪いなんてことは、各々が決めればいい話。

でも、ただの仕分けでモノの良し悪しを決めちゃうなんてもったいなさすぎだって思いませんか?

アイスだけじゃなくってお肉にしたってそう。

牛を飼っていてもアイスのことやお肉のこと、まだまだ知らないことがあります。

僕らであってもそれが当たり前。

だからこそ知ってもらう努力が必要なんだと思います。

このラクトアイスはアイスクリームのイメージをぶった切る革命児ですね。

おいしいよ!!!

よかったらシェアしてくださいね~

書いている人

しゃべらないけど発信はマメ 田中一馬(カズマ)

1978年生まれ。兵庫県三田市出身。田中畜産代表。
小さい頃から動物が大好きで北海道酪農学園大学へ入学。在学中に畜産の魅力に目覚め、大学院を休学して2年間畜産農家で住み込みの研修に入る。
2002年に独立して田中畜産を設立。但馬牛の子牛生産をメインに、牛の蹄を切る削蹄師として全国の牛の蹄をサポートをしている。
2008年に精肉部門を立ち上げ、自家産の但馬牛で放牧牛肉の生産と販売に挑戦中。
好きなものはカメラ、カレー、コーヒー、純米酒。

TOP