田中一馬ブログ

サシバエ

サシバエってご存知ですか?
夏から秋にかけてやってくる血を吸うハエのことです
大きさは5㎜程で見た目はイエバエのような姿
しかしよく見るとイエバエに比べ羽がとがっており二等辺三角形のようなフォルムが特徴です
そしてなによりこのくち
イエバエのブラシのような口ではなく血を吸うため針のようになっています

このサシバエに刺されるととにかく痛い!!
僕も何度もやられていますがとまった瞬間に針を刺すので身構える間もなくただただ痛いのです
我が家の場合サシバエは田んぼから一斉にやってきます
だから田んぼに近い牛は足にも胸にも1日中サシバエだらけ。。。
見ているだけでい痛々しいです(この写真に写っているだけで30匹ものさしバエが確認できます。)

牛は落ち着いて寝ることもゆっくり餌を食べることもなく四六時中痛いものでチャカチャカ動きます
これだけでもサシバエによる牛のストレスや経済的損失がとても大きいことはすぐに想像ができます
ただサシバエの駆除はなかなか難しいのです
イエバエのように誘引剤餌で釣ってやっつけるが効くわけでもなく煙霧消毒の機械で殺虫剤を散布しても一時しのぎでしかない
サシバエは草の中で休息しているため牛舎周りの草を刈ることで休息場所を無くし発生を抑えることもできます
しかしいくら牛舎まわりの草を刈っても隣の敷地は田んぼ。。。これではいくらでもやってきます
毎年毎年痛そうにする牛を見て今年はサシバエネットを導入することにしました

サシバエネットには防風ネットを使います
一般的な防風ネットは穴の大きさが4mmなのですがそれではサシバエが入ってきてしまうことがあるため2mmのネットを使います
また通常はネット幅が2mのロールしかないのですが間口の高さに合わせたものを特注で作ってもらいました

網の目を2mmにすることでサシバエは入ってくることができません

ネットには上下にずらーっとリングをつけてもらい上にはワイヤーを這わしてカーテンにしました

カーテンが風で持ち上がらないようにカーテンは間口の高さより1mほど長めにしてカーテン下のリングにはチェーンをつけて重しにしました
リングがない場合はカーテンに直接結束バンドとチェーンを取り付けると簡単です。)

実はこのサシバエネットは兵庫県の畜産試験場がすでに結果を出しているもので酪農の現場では全国的に普及しつつあります
削蹄先の肥育農家さんでも使っているところがあります
この2mmネット効果は素晴らしく高いのですが欠点もあります
それは網の目が細かいためホコリ等で目詰まりして通気性が悪くなるということ
そのため年に数回掃除などのメンテナンスが必要だということ
通気性が悪くなると夏場の暑い時期などは牛にとってサシバエ以上に負担が大きくなります
これが僕にとってサシバエネット導入のネックになっていました
そこで壁にネットを直接張り付けるのでなくカーテンのように可動式にすることで開閉時にホコリが少し落ちるようにしました
更にカーテンの長さに余裕を持たしチェーンで重しをしてカーテンを「斜め」に垂らすことで雨によってネットの掃除ができるようにしました
大雨のあとはカーテンが新品のように綺麗になっています!!
またワイヤーに通してあるので冬は外して春からまた付けることも簡単です
2mmネットのカーテンこれはとてもいいですよ!!
風が吹いてもチェーンがあるのでこんな感じ


中から見るとこんな感じで斜めになっています

今回は様子見もあり牛舎の1面のみの施工でしたが来年は他の面も設置しようと思っています
さて2mmの防風ネットはとても良いことは分かっていたのですがそれとは別に6mmの防風ネットも試験的に取り付けてみました


6mmのため通気性はとても良く壁に貼り付けてもホコリもあまり付きません
ただ6mmと目が大きいためサシバエはネットを通り抜けることができます。。。
実はこのネットは「オリセットネット」というものでネットの原材料であるポリエチレンにピレスロイドという防虫剤を練りこんであります
これは海外でマラリア予防に蚊帳として使われているもので蚊帳の糸に練りこんだ防虫剤が殺虫や虫の忌避効果を5年間持続するというすぐれもの
本当に効果があるのかはしばらく使ってみないとわかりませんね
6mmなのでサシバエは簡単にネットをすり抜けます
ただネットを通るとき素通りというわけには行かず一旦ネットに止まってから網の目を潜ります
この時普通なら網に止まって休息するのですがこのネットの場合は止まった矢先に足をチカチカ動かし落ち着かなくなります
おそらく足から殺虫成分が神経に働いているんだと思います
効能が持続するのかはまだよくわかりません


数日後サシバエとオニヤンマが死んでいました。。。
カマキリとクモとカメムシも死んでいました。。。

ちょっと怖いですね
現在この2mmの防風ネットと6mmのオリセットネットと設置して2ヶ月近く経ちました
牛舎全面をネットで覆っているわけではないので牛舎内に依然としてサシバエはいます
しかしあれだけ親牛の足に張り付いていたサシバエが今は1匹もいません!!!

牛舎内にサシバエはいるけれども牛の足についていないということは今まではとんでもない数のサシバエが牛舎に入っては出て入っては出てを繰り返していたということです
その大量のサシバエが入れ代わり立ち代わりこんなふうにお腹がはちきれんばかりの血を吸っていたのかと思うと。。。。ぞっとしますね。。


結論
サシバエネットオリセットネットはまだ判断しかねます。。。)は本当におすすめです!!
特注の2mmネットは2枚で20,000円ほどでした
牛がおちついているのっていいもんですね

実にいいもんです

よかったらシェアしてくださいね~

書いている人

しゃべらないけど発信はマメ 田中一馬(カズマ)

1978年生まれ。兵庫県三田市出身。田中畜産代表。
小さい頃から動物が大好きで北海道酪農学園大学へ入学。在学中に畜産の魅力に目覚め、大学院を休学して2年間畜産農家で住み込みの研修に入る。
2002年に独立して田中畜産を設立。但馬牛の子牛生産をメインに、牛の蹄を切る削蹄師として全国の牛の蹄をサポートをしている。
2008年に精肉部門を立ち上げ、自家産の但馬牛で放牧牛肉の生産と販売に挑戦中。
好きなものはカメラ、カレー、コーヒー、純米酒。

TOP