あつみブログ

宮城県登米市の名産品「油麩」の調理方法

 

こんばんは。

兵庫県で但馬牛の繁殖農家・精肉販売をしております、田中畜産あつみです。

 

 

明日で夏休み終了。8月も終わり9月が始まりますね。

宿題チェックをしながら、どんどん気持ちが新学期モードになってきました。

夏休みのゆるゆる感に一番助けられたのは私かも(笑)

朝の準備とか頑張るぞー!と今から意気込みます♪( ´θ`)ノ

 

 

登米市の名産品  油麩

 

そういえば、少し前に実家に父からこれが送られてきました。

 

 

IMG_2854

 

油麩〜〜〜〜〜♫

 

 

これは実家の登米市の名産品。

宮城県全般で販売されてますが、作られてるのは登米市なのですよ。

仙台麩って書いてますが、作ってるのは登米市ですから!!!

宮城というととりあえず仙台でしょ?な空気がありますが、仙台以外の場所、いっぱいあるから!といつも思う地方出身者です。

 

 

これはですね、小麦粉とグルテン(小麦タンパク)を練って油で揚げたお麩なのです。

 

 

IMG_2860

 

こんな感じの成分内容です。

 

 

油麩は普通の麩とは違い、食べ応えのある麩。

食感は・・・・・説明が難しいのですが、外側の皮は硬さもあり、中の方はふわっというよりもシュワッというか・・・。口どけは良い方な気がします。

モキュシュワ?笑

こればかりは食べて確認していただかないとわからないかもしれません。

で、味は調味料や一緒に調理する具材によって変化します。

 

 

そうそう、宮城県だけでなく我が家の最寄のスーパーにも販売されていました!

油麩の生息圏が拡大するのは、宮城県人もとい登米市民として嬉しい限りです^ – ^

 

 

今日は、そんな油麩の調理例をご紹介!

お近くに油麩があったら是非作ってみてください♫

 

 

 

ナスとピーマンと油麩の味噌炒め

 

お味噌汁やうどんに入れるのが簡単ですが、地元ではお肉の代わりとかでも使います。

今日はナスとピーマンと一緒に炒めてみましょう。

 

 

 

IMG_2856

 

 

①ナスとピーマンを切って炒めてちょっと蒸してる間に油麩切る。

割と大きめにカットしていますが、好みで変えてください。

 

 

IMG_2857

 

②炒めたナスピーに合わせて炒める。

つい油麩を入れすぎてかき混ぜられません。いつもの私の悪い癖っ(杉下右京風に)

 

油麩は調理するとすぼむので良いのですが、ここで注意点!

汁気がないと仕上がりが硬くなります!

なので、炒め物の時は出汁けを入れるか料理酒・調味料で調節してください。

 

 

 

IMG_2858

 

③今回は味噌炒めなので、味噌とか調味料を入れて炒めたら完成!

ね、簡単でしょう??

 

 

 

IMG_2859

 

 

大人用はこれに一味とか七味を入れてもお箸が進みます!

もうめちゃくちゃ美味しい!!!

お麩だから、出汁とか野菜の味を吸って・・・・はぁ、美味しい♡

 

 

 

 

父ちゃん、油麩ありがとうねー!

美味しくいただきましたよ♫

よかったらシェアしてくださいね~

書いている人

牛飼いの嫁 田中あつみ(モー子)

1987年生まれ。宮城県登米市出身。
田中畜産の牛飼い&精肉担当。小さい頃から馬や牛といった大動物が好きで、岩手大学農業別科へ入学。勉強しながら岩手の牧場でアルバイトに励む。
たまたま牧場に視察に来ていた主人と知り合い、結婚することに。2007年兵庫へ移住。牛飼いになってから美味しい牛肉を頂く機会が増えて喜んでいる。
アニメと海とチョコ(Meiji)が大好き。マイペースなB型母ちゃん。

TOP