あつみブログ

過ぎ行く夏。生き物と向き合う夏でした

 

こんばんは

兵庫県で但馬牛の繁殖農家・精肉販売をしております田中畜産あつみです

 

 

今日で8月も終わり子供達の夏休みも終わって明日から新学期

そんな中一つの別れがありました

 

 

ちょうど夏休みの初めだったかな?

義父が道を歩いていた一匹のカメを捕まえて持ってきてくれました

 

 

首もダランとしちゃいます

 

 

子供達に見せようと見せたらまた川へ戻そうと思っていましたが

亀飼いたい!

と子供達

そうだよね見たら飼いたくなるよね

今まで哺乳類しか飼ったことがなくあまり爬虫類が得意ではないのも相まって飼育に乗り気ではなかった私

でも時間が経ち水を替えたり市販のカメ餌は食べないのにキュウリは食べるのねかぼちゃも好きなのね〜がわかっていくうちに少しずつ愛着も出てきていました

 

メスだったので子供達と一緒にカメ子と名付けお世話をした夏休み

 

 

 

そんな昨日次男を保育園へ送って家に帰ってくると義父と子供達が藪の中を何やら探しているようでした

何かあったのか?と訳を聞くと何でも長男がいつものようにカメ子を水槽の外へ出して散歩させていたそうなんです

そしたらちょっと目を離したすきにどこかへ行ってしまった

 

 

 

 

元々は自然界家の裏を流れている矢田川付近で生きてきた子

きっと本能的に川の方へ向かったんじゃないかな?と思います

 

 

 

IMG_2887

 

最初は気丈に振る舞っていたもののカメ子を自分が逃がしてしまった責任や悲しい気持ちで泣き出す長男

その姿がすごく可愛いというか愛おしいというか悲しさも含んでいるというか

実家の言葉だともぞっこいというんですがこれはまた別のブログで書こう

 

でもねカメ子が逃げちゃったのは君のせいじゃないよ

元々カメ子は野生の生き物だったんだもん

広い元の場所に戻れて嬉しいかもしれないよ

 

そんな説明をしましたがやっぱり悲しそうな長男泣きながらお家に帰っていく姿を微笑みながら見送る私

 

 

 

この夏は牛さん以外の生き物の命と向き合う機会が多かったように思います

カメ子もですが実は同じ時期にツバメの雛もお世話していて

 

 

 

牛舎にある巣から次々落ちてきたツバメの雛たち

弱って何羽も死んでしまう中この子だけは体つきも大きくて元気で取ってきたバッタもよく食べてくれました

ピーチルと名付けてお世話をする子供達

お家の中や外で飛ぶ練習をしていた矢先ほんの少し目を離したすきに家の猫にやられてしまったんです

献身的にお世話をしていた娘の悲しみっぷりが見ている私も胸をギュッと掴まれるような

本当に悲しんでいました

 

でも数日後にはそのピーチルを殺した猫のお世話も普通にしていました

 

 

ピーチルも大事だったし猫もずっと飼っているからもちろん大切な存在

傷つけ・傷ついても変わらず育み思いをかける姿に感動すら覚えるんです

 

私はこうした生き物への向き合い方というかそれを取り巻く人の気持ちの変化や心に一番心動かされることを再認識しました

 

 

 

IMG_2882

 

 

ピーチルやカメ子を思いふと空を見るとうろこ雲

一夏の思い出

季節の移ろいに儚さを感じます

 

 

 

おまけもしかしたら・・・・

 

カメ子のことをFBに投稿したらこんなコメントが返ってきたんです

 

 

IMG_2902

 

小代の植木屋さんの小林さんというか小林さんめっちゃ目が良いですね!!

 

 

この山田橋とは我が家の近くに有る橋なのですがカメの足でも泳げば行けそうな距離なんです

もちろんカメ子の他にも亀はたくさん生息していますがもしかしたら・・・・

久しぶりの川辺でユッタリ甲羅干しをしていたのかもしれない

真偽はわからないけれど

嬉しい想像が出来たのでした

小林さんありがとうございました^^

 

 

 

 

よかったらシェアしてくださいね~

書いている人

牛飼いの嫁 田中あつみ(モー子)

1987年生まれ。宮城県登米市出身。
田中畜産の牛飼い&精肉担当。小さい頃から馬や牛といった大動物が好きで、岩手大学農業別科へ入学。勉強しながら岩手の牧場でアルバイトに励む。
たまたま牧場に視察に来ていた主人と知り合い、結婚することに。2007年兵庫へ移住。牛飼いになってから美味しい牛肉を頂く機会が増えて喜んでいる。
アニメと海とチョコ(Meiji)が大好き。マイペースなB型母ちゃん。

TOP