田中一馬ブログ

農高生よ集まれ!!第1回全国和牛ハイスクールサミットinこばやし開催!!!

宮崎県小林市で全国の畜産に関わる高校生たちを招待して『第1回全国和牛ハイスクールサミットinこばやし』が開催されます。

全国和牛ハイスクールサミットは、牛に関わる農業高校の生徒たちが学校や県という垣根を越えて交流し、卒業してからも刺激しあえるつながりを作ろうって場。かな。

これから日本の畜産を支える高校生を応援するために開催するイベント。
それが全国和牛ハイスクールサミットです。

開催期間は令和元年10月2日〜10月4日
詳しくはHPを見てね。

こういうのって今まであったようでなかった。

和牛農家になるための道は、基本的には後継者だ。

新規参入って起業するってことだからね、そんな簡単なもんじゃないのだ。
様々な新規就農者向けの政策も実質は新規就農者という名目で後継者が利用しているのが現状。批判でも肯定でもなく。それが現実だって話なんだよね。

ただ、後継者で無くとも畜産の新規参入をしている人は少ないながらも一定数いる。
僕もその一人だ。そんな人に共通しているのは人の縁だと思ってる。

お金も人脈も技術も知識も土地もない中で一から事業を起こすには人からの支援は絶対に必須だ。これは畜産に限らない。どんな職種でも同じだと思う。

一方後継者においてもそれは同じ。

近年の子牛相場の高騰や手厚い補助事業なんかを見てると、簡単に経営ができる錯覚をしがちだと思う。でも畜産はそんな甘い世界ではない。多くの後継者が学校を卒業後、外の世界を見ずにそのままなんとなく実家に入ってしまい、それなりに儲かるからこのままでイケるんじゃないの?みたいな小さな世界の中で知った気になってるケースを本当によく見る。

牛飼いに加え、僕は削蹄師という仕事をし、親方や兄弟子を始め様々な現場を見てきた。それはまちがいなく今の経営の基礎になっているし、放牧牛牛肉の販売なんて突飛なことをしながらも道を踏み外さずに進めているのは様々な世間を見させていただいたことと多くの深いつながりがあったからに他ならない。

とどのつまり畜産業は一人ではできないってことだと僕は思っている。
新規参入者も後継者も共通して言えること。

一人でもやる覚悟は必要だが、一人になることとは全く違うんだよね。

だからこそこういったサミットなどの場を使って、同じ思いを持つ仲間や、一癖も二癖もある牛飼いや、畜産を支える様々なプロフェッショナルと繋がってほしいんだ。

それは牛飼いをする人だけでない。人工授精師、削蹄師、牧場従業員、獣医師、JA、行政、飼料メーカー、畜産資材屋、登録協会、教員、家畜保健所などなど、この世界で生きていく上で繋がるってことは絶対に必要なことだと思ってる。

あ、そうそう、サミット2日目の午後は高校生の「牛生活」を支えるキャリアアップについてのパネルディスカッションを開催するよ。

僕もパネラーとして登壇します。
ちなみに1日目の夜も高校生と一緒の宿舎に宿泊するし、2日目午前の宮崎県畜産共進会も一緒に行くからね。

みんなで牛の話、これからの話をしようね!!

実は今日823km離れた小林市からわざわざ市長と職員の方が挨拶に来られました。
たかがパネラーの一人だよ。普通は依頼文だけのやり取りで済む話。
気持ちがビンビン伝わってきた。

僕自身もいい加減な気持ちで受けたりはしない。だけど、すごく気持ちが入った。

みんな本気でこれからの日本の畜産、そしてそれを支える高校生のみんなを応援しようと動いてる。

兵庫県からも3校参加するみたいだし、きっとたくさんツイッターで繋がってる全国の農高生がくるんだろなって思ってる。
楽しみです。

HPでは参加募集の締め切りが7/22ってなってるけど、まだまだ大丈夫だからね。

伝えれるもの全部出す気持ちで向かいます。
ぜひ宮崎で一緒に話そうねーー!!

全力で伝えられるよう全力で牛飼いしようと思う。そういうことだと思う。
全国の高校生と会えるのがめちゃ楽しみです。

パネルディスカッションは高校生以外も入場出来るみたい。
気になる方は小林市に問い合わせてくださいねー。

よかったらシェアしてくださいね~

書いている人

しゃべらないけど発信はマメ 田中一馬(カズマ)

1978年生まれ。兵庫県三田市出身。田中畜産代表。
小さい頃から動物が大好きで北海道酪農学園大学へ入学。在学中に畜産の魅力に目覚め、大学院を休学して2年間畜産農家で住み込みの研修に入る。
2002年に独立して田中畜産を設立。但馬牛の子牛生産をメインに、牛の蹄を切る削蹄師として全国の牛の蹄をサポートをしている。
2008年に精肉部門を立ち上げ、自家産の但馬牛で放牧牛肉の生産と販売に挑戦中。
好きなものはカメラ、カレー、コーヒー、純米酒。

TOP