おかげさまで、てるこ3完売しました!

田中一馬ブログ

動物感覚は視座を変えること

動物感覚って聞いたことありますか?

自閉症の動物学者テンプル・グランディンの名著

自閉症だからこそ見える世界がある

5分の遅延が1000ドルの損失を生む屠場で次々と問題点を見つける著者

動物が動かないのは見ている世界が違うから

アメリカの食肉処理場の設計にも関わる著者が翻訳する動物達の見ている世界

僕の中でナンバーワンの本なんです
ぜひ読んでもらいたいな

視座を変える

動物感覚とは視座を変えるということなんだと思っている

手塚治虫のブッダという本がある
この話に中にチッタという少年が出てくるんだけどその子は自分の精神をあらゆる動物に同調憑依させることができるんだよね

例えばおなかがすいた時には虎に憑依し虎として獲物を狩り空っぽになった自分の肉体まで持って帰ってくる
そして再び人間に戻り自分の食べる分だけ肉をとり残りは虎に与える
しかしチッタが大人になった時再び動物に憑依しようとしたが出来なくなっていた。。。
以前のチッタは動物たちを仲間だと生命に人間と動物と言う境界線を敷いていない思っていたしかし大人になって目の前に現れた象を単なるとして認識してしまったため憑依同調出来なかったいうエピソード

まあ漫画だからね笑

でも僕はこのエピソード好きなんです

ただただ虎の精神に同調憑依虎として動く
これって究極の視座を変えるだと思っている
視座を変えるのスタートは想像

僕は絶対こう思う!から
でもあの人だったら何考えているのかな?
あの人はどう見てているのかな
っていう想像から始まる
その究極が僕はチッタだと思っている

そしてテンプル・グランディンの動物感覚も同じなんじゃないのかなって

牛は話さない
何を考えているのかなんてわからない
想像するしかない

僕がまだ牛飼いをする前2年間牧場に住み込みで研修をさせていただいた
そこで見続けた奥さんの牛に対する対応は僕の牛飼いの理想になってる

なぜこの時期にこの種類の餌をやっているのですか?
そう聞いてもいつも良くわからないと笑って答える

でも親子合わせて160頭近い牛の状態を当時は個体識別番号の耳標のない時期些細なことまで全て把握していた
だから牛のちょっとした変化にもすぐに気がつく
そこで働く誰よりも毎日毎日それぞれ1頭1頭の牛に近かった

テンプル・グランディンは人は目に映っていても何も見えていない。」と言う

言葉を話さない牛が相手だからこそいかに牛の視座に変えれるかだと僕は思う

僕もまだ何も見えてない
色んな技術はそれを見るための布石だ

どんな時でも視座を変えるということが必要になってくるのだと思う
商売でも牛飼いでも夫婦でも親子でもすれ違う人でさえ

例えば子牛の哺乳でもそういったことは何度も体験してきた

追加哺乳や人工哺乳で一番大変なのが最初にミルクを飲ます時

子牛からしてみれば親と離され不安な上よくわかんない人がよくわからないもの哺乳瓶の乳首を口に入れてくる
出てくるミルクはお母さんのとは違う味。。。

怖い嫌だ。」
思って当然

最初のミルクを与える時僕は乳首の種類を変えたり入れる角度深さ顎の固定角度などなど色々その牛にあった方法を探る
飲む牛は簡単にスッと飲むが飲まない牛はとことん嫌がる

僕の視点が自分にある時それはミルクをしっかり飲まして発育の良い子牛を育てたい!そして高く売りたい!という思いがある
飲んでくれないとこのままじゃダメだ何で飲んでくれないんだ!
という焦りも生まれる

でも焦れば焦るほど子牛は絶対にミルクを飲まない
不思議なもんで急いでいる時に限っていつも飲む牛であっても飲まないもんなんだ

何百頭の子牛に哺乳してきて僕が分かったこと

それは子牛がミルクを飲む瞬間僕はなにも考えていないっていうことなんだ

どうやったら飲んでくれるだろうか?この問いを毎回毎回牛に問い哺乳瓶の乳首を嫌がる牛にどうしたらどうしたらどうしたらどうしたら・・・と問い続け自分の体を動かし続けているうちに「フッと急に子牛が猛烈にミルクを飲みだす瞬間が来る

その時にフッと我にかえる
その瞬間は子牛を高く売りたいなんて思考は一切ない
ただただ純粋に子牛が何を求めているのかを感覚で探り無意識のうちに子牛と同化しているチッタみたいにね

だから僕はこの最初のミルクを飲ます瞬間がとても負担だし一番充実感を感じる

視座を変えることは想像することから始まりどこまで寄り添えるか

だからね

動物感覚がわかってくれば

 

 

牛が逃げたってなんのそのなんです

いや

 

 

 

逃がすなよ。。。

よかったらシェアしてくださいね~

書いている人

しゃべらないけど発信はマメ 田中一馬(カズマ)

1978年生まれ。兵庫県三田市出身。田中畜産代表。
小さい頃から動物が大好きで北海道酪農学園大学へ入学。在学中に畜産の魅力に目覚め、大学院を休学して2年間畜産農家で住み込みの研修に入る。
2002年に独立して田中畜産を設立。但馬牛の子牛生産をメインに、牛の蹄を切る削蹄師として全国の牛の蹄をサポートをしている。
2008年に精肉部門を立ち上げ、自家産の但馬牛で放牧牛肉の生産と販売に挑戦中。
好きなものはカメラ、カレー、コーヒー、純米酒。

TOP