あつみブログ

どうしたら伝わる?!この言葉⑧〜もぞっこい編〜

 

こんばんは。

兵庫県で但馬牛の繁殖農家・精肉販売をしております、田中畜産あつみです。

 

 

何はともあれ、まずはこの動画をご覧いただきたいのです。

 

 

 

 

昨日のブログでも書きましたが、行方不明になったクサガメのカメ子さんが帰ってきました。

子供達も大喜び。特に逃がした長男は本当に良い顔をしてました。

カメ子もお腹が空いていたのか、かぼちゃを水槽に入れたらすぐに食いついていました。

 

 

 

・・・・・ちょっとしつこさも感じますね!

でもそれくらい心が動いた出来事ということで!!!

 

 

で、そのカメ子逃げたブログで、この一文を書いていました。

 

IMG_2950

 

 

実家の言葉だと「もぞっこい」というのですが、これはまた別のブログで書こう。

 

 

 

はい。

今日は久々に東北弁ブログ〜もぞっこい編〜を書いてみようと思います♫

 

 

 

もぞっこい。

ググってみると、こんな意味があります。

 

かわいそう。不憫。助けてあげたい。いじらしい。

 

 

こんな感じ。

関連語として、「めんこい」が挙げられています。

めんこい=かわいい  という意味の、東北弁の中でも比較的県外にも知られてる方言です。

 

で、この「もぞっこい」も、かわいそうという意味の中に「かわいい」も含まれている方言なんです。

なんというんでしょう?

親目線で子供を見ている時の感覚に似ているといいますか・・・

母性を感じる言葉なんです。

 

 

先日のカメ子を逃がした長男の姿を見て

 

IMG_2887

 

今にも泣きそうになって、もぞっこい子だこたぁ(いじらしい子だなぁ)

 

 

こんな感じの場面で使います。

大人に対してというよりも、子供や自分よりも年下に対して使うことが多いように思います。

 

 

 

もぞっこいは、略して「もぞい」とも言ったりしますが、なんだか「キモい」と似た響きで実家にいる頃はあんまり好きではありませんでした。

でも、今は割と好きです。もぞっこい。

子供も生まれ、かわいそう+かわいい を感じる場面を肌で感じることが多くなったからかもしれません。

なんか、丸さも感じられる言葉だよね^^

 

 

 

悲しさや愛おしさ、不憫さを含んだ「もぞっこい」

文章にすると長くなりますが、それを一言でピタッと表せる方言って奥深いですね。

 

 

 

 

泣きながら立ち去る長男を見て、ふと東北を思い出したのでした。

よかったらシェアしてくださいね~

書いている人

牛飼いの嫁 田中あつみ(モー子)

1987年生まれ。宮城県登米市出身。
田中畜産の牛飼い&精肉担当。小さい頃から馬や牛といった大動物が好きで、岩手大学農業別科へ入学。勉強しながら岩手の牧場でアルバイトに励む。
たまたま牧場に視察に来ていた主人と知り合い、結婚することに。2007年兵庫へ移住。牛飼いになってから美味しい牛肉を頂く機会が増えて喜んでいる。
アニメと海とチョコ(Meiji)が大好き。マイペースなB型母ちゃん。

TOP