田中一馬ブログ

お産餅って知ってます?

こんにちは。

但馬牛の繁殖農家、削蹄師、お肉屋さんの田中一馬です。

今日は2頭のお産がありました。

産室に落ちている不思議なもの

牛のお産は人間と同じ。

陣痛が起こり、破水して、子牛が生まれ、後産が出るという流れで進んでいきます。

そんなお産の時にたま~に出くわすものがあります。

これです!!

お産の時にたまに見かける餅のようなものなので「お産餅」と呼ばれています。

(鹿児島の伏見獣医師が名付け親)

動画で見るとわかりやすいのですが、栃餅のよう。

くにゅくにゅして、匂いもなく、べとべともせず、なんというか。。。餅です。

実はこれなんなのか、あんまりよくわかっていません。

本を読んでもネットを見ても出てきません。

あってもなくても何の支障もないものなので特に記載していないんですね。。。

そのため、こいつが何者なのかわからないのです。

かかりつけ獣医師に聞いてみたところ「ん~?よくわかんないですけど粘液が固まったものなんじゃないですか?」と言ってました。

いつもはそのまま捨てるのですが、気になったのでちぎってみることにしました。。。

いったい何の組織なんだろう?

お産餅ってなんなんだ!?

一見透明なお餅のような『お産餅』を、何かの組織なのかちぎってみました。

すると、モッツアレラチーズのように剥がせる!!!

剥がした部分は薄く薄く伸びます。

こんなに薄く伸ばしても結構な強度があります。

手にべとつかず、ちょっとプラスチックっぽい。。。

組織じゃないですね。

どちらかと言えば、粘液が長い時間かけて固まったもののような感じもします。

食べようか。。。と思いましたが、フライパンを使うと妻が怒ること必至。

どうするかな~。と考えている所に小学校から娘が帰ってきて「食べる?」って僕に聞いてきました。

さすが親子!!

謎の物体「お産餅」

今回は自然に還元しましたが、いつかチャレンジしたい一品です。

***********************************

但馬牛の繁殖から放牧牛肉まで。

田中畜産のHPは『こちら

田中一馬の個人SNSも毎日更新中!!

よろしければ絡んでくださいね~。

(クリックすればページに飛びます)↓

667-1301

兵庫県美方郡香美町村岡区境464-1

cow@tanatiku.com

田中畜産 代表 田中一馬

************************************

よかったらシェアしてくださいね~

書いている人

しゃべらないけど発信はマメ 田中一馬(カズマ)

1978年生まれ。兵庫県三田市出身。田中畜産代表。
小さい頃から動物が大好きで北海道酪農学園大学へ入学。在学中に畜産の魅力に目覚め、大学院を休学して2年間畜産農家で住み込みの研修に入る。
2002年に独立して田中畜産を設立。但馬牛の子牛生産をメインに、牛の蹄を切る削蹄師として全国の牛の蹄をサポートをしている。
2008年に精肉部門を立ち上げ、自家産の但馬牛で放牧牛肉の生産と販売に挑戦中。
好きなものはカメラ、カレー、コーヒー、純米酒。

TOP