あつみブログ

どうしたら伝わる?!この言葉②~たごまる編~

 

こんばんは

兵庫県で但馬牛の繁殖農家・精肉販売をしております田中畜産あつみです

 

IMG_6334

 

今日の午前中お肉をご購入いただいた全員へ無事発送を終えました~!

大変お待たせいたしました

届くまでもう少しお待ちくださいね^^

 

宅急便で思い出したのかクロネコヤマトさんを出る時私の脳内でユーミンのやさしさにつつまれたならがエンドレスで流れていたのはあまり興味がなかったですね

めぇっせ~えぇ~~じぃ~~~~♪

 

 

昨日の方言ブログの反応が私のやつにしてはなかなか反応が良かったんだよね

 

昨日ふと思い立ち実家宮城の方言についてブログにしてみました

気になる方はちぇけらー!為になることは書いてません

それをTwitterにリンクを張ってみたらいつものブログよりも多くコメントいただけたんです

ありがとうございます!

アメリカの誰だか有名な方は仕事で飛行機に乗る際隣になった方と話すネタとして必ず方言ネタを入れてくるそうです

英語でも地方によってイントネーションが違うそう

それくらい方言の違いって人を楽しませることが出来るんだなぁと感じました

・・・・そのアメリカの有名な方誰だったかなぁ?

 

でですね調子に乗って今日も方言ネタを行ってみたいと思いますYO!!!

 

 

たごまるってなんですか?

 

そう昨日のブログを投稿するとこんなコメントをいただいたんです

 

IMG_6337

 

たごまっていくって何?!

 

 

バルーンさんちゃんと読んでてくださったんですねー

いずいという宮城弁の直前に「たごまるというのも入ってたんです

私の中ではそれ普通だったので特に違和感なく書いたのですが・・・

ググってみるとれっきとした方言でした

 

 

 

たごまる・・・・・紐やロープが絡まってほどきにくいさままた着ているものが次第に一か所に寄ること

宮城の方言 goo辞書 より

 

 

らしいですはい

例えばこんな感じ

 

IMG_6329

 

この左の方も

 

IMG_6330

 

この靴下もたごまってます

 

 

んだがら!!くづすたたごまったまま洗濯さ出すなや!!!

もう!靴下くしゃっとなったまま洗濯に出さないでよね!!!

と言われてしまう状況です

 

 

文字に起こすとこんな感じなのですが「いずい同様なんかしっくりこない部分があるんですよねー

どちらかというと文字や言葉で方言を捉えているんじゃなくて視覚から入ってきた情景ごと方言として認識してると言いますか・・・

 

なんだろう?

たとえば文書を読んでその情景たごまってるならたごまってるの情景を想像するんじゃなくて

たごまってる情景を見ながらこれがたごまってるってことなんだよ

と説明されて認識してるってこと

視覚情報が先なんです私の場合)。

だから言葉だけで聞くと違和感があるんだろうな~

 

 

 

これ「牛さんの目利きにすごく似てる感覚だな~と思いました

 

品評会の時や牛市の時

お母さん牛として良い牛さんや肥育素牛として良い牛さんを選ぶとき昔は

 

こういうのが良い牛なんだ。」

 

という説明であとは自分で見て覚えなさい

って感じだったそうです

もちろんそれを文章化して説明してくださる先輩もいらっしゃいます

でも突き詰めて聞くと

こういうのが良いとしか言えへんなぁ~

と仰る方もいます

 

牛さんの見た目や肌触り纏う空気感ごと覚えろよって

絵本のブログでも書きましたが言語化する前のそんな空気感全部含めて認識してることっていっぱいあるんじゃないかな

 

方言にしても牛さんにしても

 

そういう世界観好きだなぁ

 

 

 

 

 

 

ではまとめ

 

 

たごまる=服がもみくちゃっとなってる紐がこんがらがって団子みたいになってる

 

 

です!!!

 

 

 

よかったらシェアしてくださいね~

書いている人

牛飼いの嫁 田中あつみ(モー子)

1987年生まれ。宮城県登米市出身。
田中畜産の牛飼い&精肉担当。小さい頃から馬や牛といった大動物が好きで、岩手大学農業別科へ入学。勉強しながら岩手の牧場でアルバイトに励む。
たまたま牧場に視察に来ていた主人と知り合い、結婚することに。2007年兵庫へ移住。牛飼いになってから美味しい牛肉を頂く機会が増えて喜んでいる。
アニメと海とチョコ(Meiji)が大好き。マイペースなB型母ちゃん。

TOP