田中畜産について

私たちは兵庫県の但馬地域で
但馬牛という和牛を育てています

田中畜産へようこそ!

私たちは兵庫県の但馬という地域で「但馬牛(たじまうし)」という和牛を育てています。

但馬牛は和牛の元祖と言われるすごい牛なんです。詳しく知りたい方はぜひ但馬牛についてをご覧ください。

但馬は山に囲まれた雪深い地域です。昔からこの地域に住む人々は、夏は農業、冬は酒屋で出稼ぎをしながら生計を立ててきました。山沿いの谷には集落が点在し、それに沿って小さな棚田が連なる環境。この地で暮らしていくためになくてはならなかったのが『牛』でした。

1300年以上前からこの地で代々飼われてきた但馬牛は、農家にとっての重要な労働力でもあり、貴重な現金収入の元でもあり、家族同然の存在でもありました。戦後トラクターの普及とともに牛を飼う家も減り、牛の役割も農耕用から食肉用へと大きく変化しました。時代時代の流れとともに、牛の飼い方も目的も大きく変わり、牛飼いは専業化していきます。

地域の中で牛のいる風景がどんどんなくなっていき、以前放牧場だった山には人が入る事がなくなりました。牛の大きさも肉質もここ十数年で激変し大規模化から多様化等、社会情勢の変化に伴って牛飼いのスタイルは日々変化しています。

しかし、その中でも変わらないもの。それは、牛飼いはみんな「牛が好き」だということ。その中で私たちは牛と一緒にこの地域でできることを模索し、牛を通して思い出に残る食卓を届けていきたいと考えています。

田中畜産 代表 田中 一馬

田中畜産のビジョン 私たちが目指す夢

牛を通しておなかと心が満たされる豊かな生活を届ける

家族が集まり一日の出来事を語る場所。自分の落ち着く空間で、一番気の休まる時。家で食べる晩ご飯は一日で最も幸せな時間かもしれない。私たちはこの団欒の場を提供するために、牛を育てて販売しています。

田中畜産のポリシー こんな気持ちで仕事に取り組みます

  • 一、大切な人を大切にする
  • 一、大切な牛を大切にする
  • 一、すべてを受け止め、曖昧にせず、追求し続ける

田中畜産の仲間たち こんな仲間たちがいます

田中 一馬(カズマ)

田中一馬

1978年生まれ。兵庫県三田市出身。田中畜産代表。

小さい頃から動物が大好きで北海道酪農学園大学へ入学。在学中に畜産の魅力に目覚め、大学院を休学して2年間畜産農家で住み込みの研修に入る。

2002年に独立して田中畜産を設立。但馬牛の子牛生産をメインに、牛の蹄を切る削蹄師として全国の牛の蹄をサポートをしている。

2008年に精肉部門を立ち上げ、自家産の但馬牛で放牧牛肉の生産と販売に挑戦中。

好きなものはカメラ、カレー、コーヒー、純米酒。

BLOG

田中 あつみ(モー子)

田中一馬

1987年生まれ。宮城県登米市出身。

田中畜産の牛飼い&精肉担当。小さい頃から馬や牛といった大動物が好きで、岩手大学農業別科へ入学。勉強しながら岩手の牧場でアルバイトに励む。

たまたま牧場に視察に来ていた主人と知り合い、結婚することに。2007年兵庫へ移住。牛飼いになってから美味しい牛肉を頂く機会が増えて喜んでいる。

アニメと海とチョコ(Meiji)が大好き。マイペースなB型母ちゃん。

BLOG

人間以外の仲間たち

但馬牛(たじまうし)

但馬牛

長い歴史を持つ日本を代表する和牛の元祖。黒毛和牛の99.9%には但馬牛の血が入っています。牛にも色んな種類がいますが、顔つきは人間でいうと「綺麗なお姉さん」系。

ハヤト(柴犬)

ハヤト

創業当初から我が家を見守る番犬。本名は「但馬の鈴龍号」。小さい頃に近所の子供たちにいじめられ、怖がりな子に。噛みついてくることもありましたが、優しく接するうちに穏やかな表情になりました。

シマ(野良猫)

シマ

7年前にふらりとやってきた野良猫。可哀想で餌をあげたらすっかり居着き、普通に家の中に入ってくるように。子供の頃から可愛がっていたからか、誰にでも寄っていく田中畜産のアイドル的存在。

カメ子(カメ)

カメ子

もともとは野生のクサガメ。子供達がお散歩させてる最中に脱走・行方不明にさせてしまったこともあったけれど、結局翌日に再会することができた奇跡のカメ。好物はキュウリ。

事業内容 田中畜産が取り組む事業

1 但馬牛の子牛生産

但馬牛の子牛生産

一般的に和牛は子牛を産ませて販売する繁殖農家と、その子牛を買ってきて肥育する肥育農家に分かれます。田中畜産では、産まれた子牛を約8か月の間、親牛と一緒に育てます。飼育した子牛は市場でセリにかけられ、肥育農家さんのもとで2年以上肥育した後に神戸ビーフや松坂牛になります。

2 放牧敬産牛の生産・販売

放牧敬産牛の生産

子牛を産んだ母牛(経産牛)は味が落ちると言われていますが、お肉にする直前(6~8か月間)に山で放牧して仕上げお肉独自のおいしさを引き出し、自分たちでカットして販売しています。私たちは傍にいて活躍してくれた母牛に感謝して「敬産牛」と呼んでいます。(詳しくは放牧敬産牛についてをご覧ください)

3 削蹄

削蹄

牛は一般に運動量が少なく、蹄(ひづめ)が伸びすぎるので、定期的に伸びた蹄を切り、その形を整える必要があります。全国の農家さんの牛の蹄をサポートしています。牛の健康は足元からなのです!

事業の流れ 私たちの事業を図で表しました

田中畜産の事業を俯瞰してみるとこんな感じになります。

365日、いろんな作業をしながらいつも牛と一緒に生活しています。

事業の流れ

よかったらシェアしてくださいね~

TOP