但馬牛ってすごいんです! « 田中畜産|但馬牛の繁殖から放牧牛肉の販売まで

但馬牛ってすごいんです!

但馬牛ってすごいんです!~パート1~

みなさんが「但馬(たじま)」と聞いて、真っ先にイメージするのは何でしょう?

松葉ガニ?但馬牛?スキーやスノボ?温泉?山とか海?

最近ではジオパークというのもあるでしょう。

 

では、「但馬牛(たじまうし・たじまぎゅう)」というとどんなイメージですか?

やはりそこは「お肉」、しかも「高級牛肉」ではないでしょうか。

ここ数年、テレビなどでも「神戸ビーフ」の中の一つのブランドとして紹介されているので、少しずつ全国的な知名度も上がってきています。

でも、どういうのが但馬牛なのかと聞かれたら、

ちゃんと答えられる人は少ないはず。

 

そもそも、日本で育てられている牛には、

牛肉をとるために飼われている「肉用種」と、

牛乳をとるために飼われている「乳用種(ホルスタインやジャージーなど)」がいます。

国内で「肉用種」として育てられている牛のほとんどは「和牛」、

つまり日本独自の『牛の種類』です。

そして、その和牛の中にも、

「黒毛和種」「あか毛和種」「日本短角(たんかく)種」「無角(むかく)和種」という、

4種類があります。

但馬牛は、この和牛の中の「黒毛和種」という種類です。

よく「和牛肉」と「国産牛肉」では何が違うの?と言われますが、

和牛肉とよばれるのは、この4品種の牛肉のことで、

それ以外の牛で日本の国内で生産されたものが国産牛肉ということになります。

(一般的にはホルスタインの雄牛を去勢したものが主流となっています。)

だから、日本の牛が外国で育っても「和牛」のままだし、

反対に外国の種類の牛でも日本で育てば「国産牛」になるというわけです。

 

同じ「但馬牛」と書いても、

生きて育てられているときは「たじまうし」、

お肉になると「たじまぎゅう」と読みます。

現在、「但馬牛(たじまぎゅう)」と定義されているのは、

兵庫県産の黒毛和種」のお肉のことです。

お肉には、霜降りの入り方やお肉の歩留まりなどでランクがつけられていて、

その一定のランク以上の但馬牛が「神戸ビーフ」とか「神戸肉」「神戸牛」と呼ばれます。

言いかえれば、但馬牛でなければ『神戸ビーフ』と呼ばれないのです。

 

みなさんの中には、但馬牛(たじまうし)が、

神戸牛(こうべぎゅう)や松阪牛(まつさかうし)、

近江牛(おうみぎゅう・おうみうし)などの「素牛(もとうし)」とか、

「元祖」だとかと見聞きした方もあるでしょう。

 

 牛を飼っている農家さんには、

母牛を飼って子牛を産ませ、その子牛を売る「繁殖農家」と、

その子牛を買ってお肉用に太らせる「肥育農家」があり、

最近では自分の所で生まれた子牛をそのまま肥育する一貫経営も増えてきました。

 

昔から、ここ但馬の地ではお肉ばかりでなく

姿や繁殖能力も素晴らしい牛ばかりが生まれるので、

肥育専門の農家はもちろん、自分の地域の牛を少しでも良くする目的で、

但馬の子牛を買って帰るというところが全国にできました。

今でも、兵庫県内はもとより、松阪、近江の一部などで但馬牛の子牛を買って帰り、肥育が行われています。

(「素牛(もとうし)」というのは「肉牛の素(もと)になる子牛」のことを言います。)

一方、それ以外の地域では、過去に優れた但馬牛(たじまうし)を買って帰り、

自分の地域で改良を進めました。

つまり但馬牛は和牛の「元祖」というべき存在。

日本全国の黒毛和牛の90%、

前沢牛・仙台牛・飛騨牛・佐賀牛などにも但馬牛の血が流れているのです。

すごいことだと思いませんか?

 

なぜこんな素晴らしい牛ができたのか?

その答えはまた後日・・・

(但馬牛ってすごいんです~パート2~に続く)

 

記事提供:【但馬牛ナビゲーター藤村美香さん】