あつみブログ

長男の小児喘息の付き添い入院をして考えること

 

こんにちは!

兵庫の但馬牛繁殖農家の田中畜産あつみです。

 

今日は9月の但馬家畜市場、子牛の競りの日!

我が家からも4頭の子牛を出荷します!!

 

が……

いつも市場に欠かさず行くワタクシですが、今日は行っていません…。

 

只今、長男と一緒に入院中です∑(゚Д゚)∑(゚Д゚)∑(゚Д゚)!!!

 

異変は昨日の明け方から

 

昨日の明け方、3時頃だったかな?

喘息の発作で目覚めた長男。

 

元々アレルギー体質で、小さい頃は色んな食べ物アレルギーもありましたが、大きくなるにつれて体も強くなり、何でも食べられるようになりました。

 

が、それと比例するように、今度は喘息の症状が出てきまして…>_<

自宅でも使える吸入薬ももらいながら様子を見ていました。

 

なので、昨日も吸入をして様子を見ます。

その後も苦しそうにしていたので、もう一度吸入。

 

それからは少し落ち着いて元気も出たので、そのまま牛舎で過ごしていました。

 

しかし、お昼過ぎに再び苦しそうな呼吸になったので、病院へ。

 

幸い、先生方の迅速な対応のおかげで顔色も良くなった長男。

まだ苦しそうだけど、ちょっと楽になって良かったね!

 

そう思っていると先生が一言。

 

「この容態のまま帰宅させるのは恐いので、入院しましょうか」

 

∑(゚Д゚)∑(゚Д゚)∑(゚Д゚)∑(゚Д゚)∑(゚Д゚)

 

にゅ…入院ですか??

 

はい。入院しましょう。

 

そんなわけで、自宅のお隣町の大きな病院へ入院する事になりました。

 

image

病院到着後、元気になった長男

 

かかりつけの病院へ向かった時が一番容態が悪くて、呼吸が上手に出来ずとても苦しそうだった長男。

それでも、先生方の処置のおかげでだいぶ良くなり、大きな病院へ到着した頃には

 

「もう帰っても良さそうなくらい元気そうやね」

 

と言われるくらいに( ´ ▽ ` )ノ

 

ですが、この後お薬の効き目が切れた時に、病院へ行くまでも距離があるし、やっぱり恐いからと、予定通り入院に。

 

夜中に酸素を足していただいたりしながら、グッスリと寝られたのでした。

 

image

スマホを向けるとピースもすかさずするくらい元気に。

 

翌朝の様子

 

グッスリ寝て、食欲も出てきた長男。

病院食をモリモリ食べ出してから少し残し

image

 

あれ?ご飯残したけど大丈夫?

 

と心配しましたが、私用の朝ご飯を売店で買って来ると

 

「それ食べたい」

 

と食べ出す。

 

image

 

オイィィーー?!ただの好き嫌いかーい∑(゚Д゚)?!

まぁ、病院食は質素だからね、うん。

食欲があって良かったよ。

 

食べ終わった後はひたすら休みます。

持ってきた本を読んで〜

image

 

休んで休んで〜。

休んで〜〜……

image

暇だ!!

暇を持て余すよ!!!

普段仕事をしていると、「休みたいな〜」と思うのに、いざ休める環境になると暇を持て余す。

いとおかし。

せっかくいただけた休みの機会。

長男と一緒に満喫しようと思います。

私もずっと小児喘息で、今も喘息持ちです。

なので、長男のしんどい呼吸とか、そういうのがよくわかります。

で、親になった今。

今度は看病する側になり、

「母もこういう気持ちで私を見守ってたんだろうなぁ」

というのも感じます。

このアレルギー体質は、きっと私からの遺伝だよね。

ごめんね。

って気持ちもあります。

でもそこから先は、長男の人生で、体調にしても何にしても、長男自身が向き合って解決していく事なんだよね、とも思うんです。

だから、手を差し伸べられるうちは、こうして関わっていけたら良いなって思います。

image

やっぱり暇だけどね。うん。

付き添い入院中に思ったのは、そんな事でした。

よかったらシェアしてくださいね~

書いている人

牛飼いの嫁 田中あつみ(モー子)

1987年生まれ。宮城県登米市出身。
田中畜産の牛飼い&精肉担当。小さい頃から馬や牛といった大動物が好きで、岩手大学農業別科へ入学。勉強しながら岩手の牧場でアルバイトに励む。
たまたま牧場に視察に来ていた主人と知り合い、結婚することに。2007年兵庫へ移住。牛飼いになってから美味しい牛肉を頂く機会が増えて喜んでいる。
アニメと海とチョコ(Meiji)が大好き。マイペースなB型母ちゃん。

TOP