201810

100投稿

Tanatikugram

一馬

子牛に餌をふりかけても舐めないYO。。。という事で拭きます!!拭いても拭いても親が舐めるのとは違う。羊水の滑りが取れないんだよね。臍帯消毒して初乳飲ませて僕の仕事はここまで。ちょっと気にはしてるんだけどなー。乳を飲ませてくれるかは明日。まずはお疲れさん!そしてようこそー!! #牛ネタ

Tanatikugram

一馬

ここまで出ても知らんぷり。。。 #牛ネタ

Tanatikugram

一馬

出てきた。親は全然いきまない。生まれても舐めないパターンかもな。。。 #牛ネタ

1/2

2/2

Tanatikugram

一馬

見守ろうと思ってたけど胎盤が剥がれてきたので、引っ張ります。人工呼吸器も準備。 #牛ネタ

Tanatikugram

一馬

まだ産まないなー。昔はお産の場に子供は近づかせてもらえなかった。そんな話を何度か聞いたことがある。でも今はそんな神経質な牛は殆ど見ない。これも改良の一つの結果だろね。牛が扱いやすくなった。でもでもでもでも、さすがに騒ぎすぎ笑。子供たちを寝かしたらもう一度見に行こっと。 #牛ネタ

Tanatikugram

一馬

予想通りの時間に産みそうだ。万が一を考えての体位確認。これだけでも助かる命はあるからね。向きはOK。蹄の間を抓ると元気に動く。手を入れてこのくらいで前足に触れられるから、、あと1時間、、くらい、かな。。お産は基本牛まかせ。引っ張らずじっくり待ちたいと思います。押忍。 #牛ネタ

Tanatikugram

一馬

不受胎流産死産など子牛が生まれるのは当たり前だけど当たり前ではない。1年かけてようやく生まれ、病気にならないように守りながら飼育をする。もう大丈夫と思う生後3ヶ月頃。脈略なく突然ダメになる子牛。「先天的だから仕方ない」そんなこと思えるか。そんな事例が但馬牛は増えてきている。 #牛ネタ

Tanatikugram

一馬

生まれて2〜3ヶ月。固形食を食べ出す頃に急にボーッとする子牛がいる。熱はないが少し背を丸め、蹄はやけに伸びている。「またか。。。」そう思い血液検査をすると腎臓の数値が高い。「先天的なものですから。。」なんの慰めにもならないこの言葉が無力感を増幅させる。チクショウ。 #牛ネタ

Tanatikugram

一馬

「神戸ビーフより松阪だよね。近江牛はあっさりめだしさ。」なんて人いるけど、各銘柄牛の味の違いが分かるわけがない。農家ごとに飼い方は違うし性別や月齢で味は変わる。何より牛が違う。ただ、但馬牛という品種は美味しい。だからこそ神戸ビーフは世界でも日本でも特別な肉なんだと思う。 #牛ネタ

1/2

2/2

Tanatikugram

一馬

今流行りのグラスフェッドビーフ。左は黒毛和種、右はブラウンスイス種。無農薬でもジョナゴールドとフジでは味が違うように、グラスフェッドでも品種で味は全く異なる。飼い方では越えられないくらい、品種の壁は大きい。 #牛ネタ #肉の日

Tanatikugram

あつみ

昨日生まれた赤ちゃん牛はお母さんのすぐ脇でスヤスヤ寝ています。きゅん♡我が家では粉末初乳もあげるのですが2袋給与してます。吸収出来る時間は限られてるので早さが大事ですが量も重要との事。一気に2つだとお腹が苦しそうだったので今は時間をあけて分けてあげてます。 #牛ネタ

Tanatikugram

あつみ

おはようございます。昨夜お腹に乗ってきて踏み踏みしてきたシマさんの爪が結構痛かったもので爪切り敢行。甘たれシマさんも流石に嫌がったのでしばらく距離が出来るかと思いきや普通に膝に乗ってきて甘えてます。良かった。なんだかんだと猫に嫌われたら多大なるショックを受けると思う、私(笑)

検索TOPに戻る

よかったらシェアしてくださいね~


Warning: Illegal offset type in isset or empty in /home/tanachiku/tanatiku.com/public_html/wp-content/themes/tanatiku/temp/20180000/breadcrumb_box.php on line 319
TOP