牛飼いの嫁さんも、夜飲み会に行こう!

こんばんは。

兵庫県で但馬牛の繁殖農家・精肉販売をしております、田中畜産あつみです。

IMG_5392

今日は、年代が近い牛飼いの奥様にお声をかけ、新年会をしてきました〜!!

数年前から、年に数回こうして集まり、飲み会をしている牛飼いレディの会。

牛飼いですが牛の話はあまりせず(笑)

子供のことや最近起こった話など、美味しいご飯にお酒を囲みながら終始笑って話してます。

今日は我が家からもほど近いBAR「佐平治の蔵」へ♩

IMG_5387

IMG_5390

IMG_5388

子供禁制の大人の隠れ家的なバーで、店内はジャズ・クラシック好きのマスター好みの音楽が流れています。

白い壁面には洋画も!

IMG_5411

IMG_5412

アンプはマスターお手製です!

IMG_5408

壁面には焼酎にウイスキーなどなど、お酒がズラリ。

カクテルも種類豊富です♩

IMG_5395

IMG_5404

冬の蔵オススメのチーズフォンデュから始まり、ピザにパスタにサラダと盛りだくさんのご飯でした。どれも美味しかった〜。

IMG_5397

ドヤ顔でチーズフォンデュをかき混ぜる図w

はぁー。楽しいひと時でした^ – ^

きっかけは「一馬さんばっかりずるい!!」

牛飼い、農家の経営者・主は旦那様。

女性の農場主もいらっしゃいますが、ほとんどは男性かと思います。

会合や会議なんかも旦那様が出席で奥さんが牛舎でお留守番。

当たり前といえば当たり前なのかもしれませんが、それが普通になるとなんだか寂しくなってきます。

嫁いで間もない頃は、仕事とはいえ、どこかへ出かけるのは主人ばかりで、羨ましくてたまりませんでした。

しまいには、削蹄に行くのさえ羨ましい(^_^;)

いや、削蹄に行くのは今でも「いいなぁ」と思います。

いろんな農家さんの牛舎を見学できるしお話もできるし、その上お金もいただけますから。

そういう意味ではなく、その時はただ単純に

外に出る

ということが羨ましかったんです。

「一馬さんばっかり出かけて!私は留守番ばっかり・・・・」

13533004_884104228384420_3655913176303806165_n

もう、「悲劇のヒロインモード」全開です(笑)

そんな時、ふと

Σ(・□・)

そういう場が欲しいんだったら、自分で声かけてやったらいいじゃん!

と気がつき、そこからお声をかけて集まるようになったのです。

私にも、家族以外の人とのつながりがあるんだ!

で、集まって何かこれといった話をするのかといえばそんなことはなく。

最初に書いたように、牛の話もほとんどせず。

子供のことやお家のこと、お化粧やダイエットなどなど、とりとめのない笑い話です。

自分の話をするんじゃなくて、相手の話を聞くだけでもいいんです。

なんか、それだけで満足できるといいますか・・・・

そうか。

私は誰かに話を聞いてもらいたいんじゃなくて、

私にも、家族以外の人とのつながりがある

家族以外の社会的つながりがあるんだ

というのを実感したかったんだろうな〜って感じたんです。

牛飼い・農業・自営業は、お勤めに出ておられる方々よりも、第三者との関わりが少なくて済みます。

自分のところだけで完結できてしまうお仕事も多いです。

久しぶりに家族以外の方と話したのが、餌屋の営業さんとか獣医さんってのもザラですし。

牛市に行って他の農家さんと話すのが久しぶりで楽しみとか。

それが楽な面もあるのですが、なんでしょう。

やっぱりそれだけだと寂しい。

人って、一人では生きていけなくて、自分以外の人との関わりやつながりの中に、喜びや楽しさがあるんだと思うんです。

私はそれを感じたいんだろうな〜って。

「仕事もあるから」

「夜に出るのはなんだか気がひける」

「子供のことをお願いして出るのも申し訳ない」

「そもそも旦那さんがあんまり外出に良い顔しない」

男性が夜飲み会に行くのは良いのに、女性になるとなんだかハードルが上がっちゃいませんか?

もしかしたらそうでもないのかもしれませんが、やっぱり気が引けてしまうように思います。

そんな時、「子供見てもらってすみません・・・」とかじゃなくて

「見てもらってたおかげでとっても楽しませてもらったよ。ありがとう!」

って言えたら良いなって思うんです。

すみませんじゃなくて「ありがとう」

で、また次の日からお仕事や子育てが頑張れたらそれでいいんだと思うんです。

幸い、お声がけする旦那様にご家族の皆さんは

「行っといで〜」

と快く送り出してくださるので、心がとても軽いです^ – ^

ありがとうございます!

それでも、やっぱり外出しにくいな・・という時は

農業普及員や役場など、公的な機関の方に声をかけていただいたり、集まりを企画してもらうと、比較的集まりやすいんじゃないかな〜。

確かこの牛飼いレディの会も、元は普及員の方が講習の時に

「若い嫁さんで集まってご飯食べません?」

とお声をかけていただいたのがきっかけでした。

井上さん、あの時はありがとうございました。

ゆるゆると続いてますよ、牛飼いレディの会♪(´ε` )

これからも、ゆるゆると集まりたいです。

みなさん、これからも宜しくお願いします〜〜!!!

今度は春くらいにしましょうねーーー!!!