自分の苦手なことは得意な誰かに任せよう

こんばんは。

兵庫県で但馬牛の繁殖農家・精肉販売をしております、田中畜産あつみです。

突然ですが、ご夫婦で生活されている方は、家事分担はどのようにされていますか?

田中家は

(片付け最中にビールを飲む心の余裕を持ち合わせてる)

片付けが得意な夫・一馬と

(子供の体操服にゼッケンを縫い付けなくてはいけなくて。「何故返し縫にしないの?」と。これまつり縫いっていうんですね。)

ご飯作りは好きなほうですが、その他の家事は割と苦手な妻・あつみ

という布陣になっております。

小学生の頃の家庭科の授業では、裁縫も調理実習もかなり優秀な成績を残してまして、先生やオトモダチから「あっちゃんお母さんになっても困らないねっ!」と言われたのがとても懐かしいです。

マジかよ!全然やで?縫い物があるとアップアップやで?あの優秀さはなんだったんだい私?と聞きたいくらいだよ←知らんがな

生活していくうえで、家事はなくてはならない作業というかルーティンであります。

嫁いで間もない頃は「よし☆妻なんだから家事がんばるぞぉーーーーー♪」と意気込んでいたように思います。

それが、薄々自分でも気がついていたのですが、ご飯作り以外の家事があんまり好きじゃない・・・頑張ったら出来るけど、結構パワーを出さないと出来ないかもしれないと。

そう、気がつきました。

特に片付け!何をどこにしまおうか?を考え出すと思考が止まります。

(好きなインテリアのこととセットだと考えられます)

苦手なことはとことん苦手な人だったんだな自分。

ところが、世の中うまいこと出来ていますね。その苦手な部分は主人の得意なところで、じゃあ任せたらいいじゃん。と、現在田中家の片付けは主人が担っています。

最初は「なんで片付けも出来ないんだよー」と思っていましたが、苦手なものはしょうがない(笑)と思えるようになり。

お互いフルでお仕事をしています。仕事はこっちの役だからとか、家事はこっちの役だからとかではなく、得意なことは得意な人がやった方がロスもないし良いよね。

お互いが仕事もことも把握しているし、家事(家の中のこと、子供のことも含む)を把握していると話も早いし良いんじゃないかなー。

苦手なことはとことん苦手、好きなことは力を注げる。似たもの夫婦なんだろうな。

まぁ、それでよいんだとも思う(笑)

それぞれのやれることで補い合っていけたらそれでよし!

余談ですが。

裁縫は主人全く出来ないので、私がそれなりに頑張ろうと思ってます押忍!