田中畜産のお仕事が誰かの楽しさや喜びを支えられたら最高です

終わったー。終わりました~!

昨年末に販売しました我が家のお肉「てるとよ」の発送を終えました。

遅くに到着をご指定していただいた方、直接うちまで引き取りにいらっしゃる・配送ご希望の方以外、ご注文いただいた方の分、全て発送できました。

大変長らくお待たせして申し訳ありませんでした。

明日、明後日には届くかと思います。もう少しだけお待ちください。

こんばんは。

兵庫県で但馬牛の繁殖農家・精肉販売をしております、田中畜産あつみです。

この発送作業をしておる最中も、TwitterやFacebook、インスタやメッセンジャーで「届いたよ!」や「食べたよ!」の連絡をいただいたり、投稿をしてくださったり。

(自ら高菜ロスを引き起こさせる厳しい修行)

(あぼさん早々にお振込み頂いたのに配送遅れてすみませんでした!もう少しで到着します!)

届いたよ~のご連絡や。

(ウチコさんのこの言葉がストンと自分に落ちてきた気がします)

(厚みは正義!)

食べたよ~のご連絡。

(見落としもあるかもしれません。そのときはごめんなさい!)

投稿を見返して、いやいやいやいや。これはただの報告じゃないよねって言うのは一目瞭然なのです。

焼き色を気にしてくださったり、大切なご家族と一緒に召し上がったり、いつも頑張っている自分をいたわるために、お肉を乗せる器とかもいろいろ選んでくださったり。。。。

「食べる」だけじゃなく、「食べる」の背景にあるお客様の思いもしっかりと伝わってきて、これはもう本当に嬉しくて、ありがたいんです。

ウチコさんのツイートの中に、

仕事って、他の人が出来ないことを誰かのために一生懸命にやることなんだね。

誰かの楽しみや喜びや生きる力を助けることなんだね。

という言葉が書かれていて、あぁ、そういうことなんだよなぁ。

と、ストンと自分の中に落ちてきたんです。

自分の好きなこと、やりたい仕事をしながら誰かのためになるのであれば、これほど幸せなことはないよね。

我が家の仕事が、そんな「誰か」のために何か出来たのであれば、これほど幸せなことはないよね。

と思うんです。

でも、それが出来るのは、相手がいてこそ。

こんな気持ちになれるのは、相手がいてこそなんだよね。

それだけは絶対に忘れたくない。いえ、忘れないからね。

ありがとうございます。

このお仕事をしていて良かった。

さて、発送も終えたし、もう一頭のお肉カットを急ピッチで頑張ります!!

やるでやるでー!!!